更新情報

Powered by Ayapon RSS! オススメ ライブチャット 電子タバコ通販

2009年07月24日

女装の次は…女声!

51cxdKDUVoL__SS500_.jpg

      女の子の声になろう!

 女装男子の話はもう良いとして、女声男子の話をしよう。

 アニメ系の女性の声を出している男達の動画を見たことがないだろうか?

 テンプルナイツではちょうど1年前に「女性の声の出し方を教えるスレッド」を紹介している。

 さらに1年前には声優の石田彰さんがお母さん、妹、おばあちゃんを演じる動画を紹介した。

 というわけで、そんな女声を出すボイストレーニングブック『女の子の声になろう!』が明日
7月24日に発売される。

 ハードルの高いことに女声でうまく歌うという目的で、地声や裏声の鍛え方、スムーズに
繋げる訓練、ビブラートの練習を解説している模様。ガンバレ、男の娘。


テンプルナイツ 宮殿騎士団
http://temple-knights.com/archives/2009/07/24_3.html



続きを読む
posted by agn at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月23日

京都アニメーションの反撃

けいおん! 1 (初回限定生産) [Blu-ray]

 放送中の大人気アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」が、5話連続同じような内容になっていることについて、ネットで大バッシングが起こっている。

 そうした中、以前「ハルヒ」アニメ制作に関わっていた山本寛監督が今回の「ハルヒ」について「責任を感じています」と謝罪する動画が投稿動画サイト「ユーチューブ」にアップされ、これもネットで騒ぎになっている。

 山本監督は1年以上前から「ハルヒ」がこのような展開になることを知っていたという。

 「自己弁護するわけではありませんが、京アニにいたとき、このアイデアはありました。僕は反対をしました。2話が限度だろうと」

 すると会場から大きな拍手が起こった。

 ただし、山本監督はこのアニメが制作される前に退社。

 自分が退社しなければこんな展開にはならなかった可能性があり、責任を感じている、とし、「制作委員会、SOS団(ハルヒのプロジェクト名)を代表して、この場でお詫びしたいと思います。申し訳ない!」と頭を下げ謝罪した。

 この動画は09年7月21日までに4万回以上閲覧され、100近いコメントが付いている。

 「ハルヒの監督はヤマカン以外には考えられない」
 「まあ、普通に考えれば2話が限度だよなぁ」
 「彼が京アニを止められなかった事は残念に思いますが、彼が今できることは何もない」

などという内容だ。

 京アニは今回の山本監督の謝罪について、「当社とは一切関係のない人の話です」と話している。

J-CAST
http://www.j-cast.com/2009/07/21045735.html





続きを読む
posted by agn at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヤマカン謝罪


涼宮ハルヒの憂鬱4 笹の葉ラプソディ (第1巻) 限定版 [DVD]


7月19日、アメリカで行われたイベント「OTAKON 2009」において、ゲストで参加した
元・京都アニメーションの演出家、「ヤマカン」こと山本寛氏(現:Ordet)が、いま巷で話題に
なっている「涼宮ハルヒの憂鬱 エンドレスエイト」についてコメント(謝罪?)を発表しました。

※以下の動画で↓
http://www.youtube.com/watch?v=tqy8x-zKuKw

http://www.nicovideo.jp/watch/sm7685589

(書き出し要約・転載です)
「1年前から知っていました」
「京都アニメーションにいた頃にこのアイディアは既にありました、僕は反対をしました、2話が限度だろうと」
「僕は自分の意志で京アニを出てしまったので、ある意味
 今のハルヒのこの展開について責任を感じています」
「言ってしまいましょう、覚悟はしていたので言っておきます
 制作委員会SOS団を代表してこの場でお詫びしたいと思います、申し訳ない」

OTAKON2009 Official HP
http://www.otakon.com/default2.asp

山本寛氏がブログでこの発言についてコメント
訂正とお詫びも発表

http://wind.ap.teacup.com/kanku1974/

(※以下転載)
2009/7/20 20:24
投稿者:ヤマカン
そのインタビュー動画がもし本当に配信されているのならば、尚更そこで私が申し上げた内容で
ご理解いただけないと。些かご説明に難儀します。

私がオフレコにしてほしいと言ったのは「私がハルヒ二期の企画段階の最初期に関わっていた」
ということであり、その関わりの中での自分の行動に対し責任を感じ、謝罪しただけです。
ひょっとすると企業の守秘義務に関わる発言ではないか、という可能性を懸念したまでです。


現行の製作委員会に関しては全く関与していないので何もコメントできない、とは各所で申し
上げているはずで、それは今も変わりません。
今般の発言は私が「確かに参加・関与していた」、「過去の」製作・制作に対する言及であり、
それは今までもインタビューやらなんやらで何度も行っていることです(でなければ私は今後
『ハルヒ』一期における私の仕事に関し何ら発言してはいけないことになります)。


だから、たとえば弊社スタッフがもし今意見の相違から弊社を飛び出し、その経緯に対し説明や
批判をしたとしても、その案件そのものの守秘義務に対し確認を取ることはあるかも知れませんが、
その批判自体の倫理性を疑うことは全くありませんよ。

2009/7/20 20:54
投稿者:ヤマカン
ただ、「代表して」というのは些か誤解を招く表現であり、言い損じたかも知れませんね
(まぁその場にいた関係者が私だけだった、という意味なのですが)。
「SOS団にかつて参加したひとりとして」と訂正し、不適切な表現をお詫び申し上げます。
続きを読む
posted by agn at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

化物語 3話 感想

 宙のまにまには期待してなかったけど面白かったと書きました。

 化物語は逆に期待はずれかもしれません。

 つまらなかったわけじゃないんですけどね。

 演出も相変わらずでストーリーもいい。声も役にあってると思います。

 あれ?と思ったのは暦とひたぎの掛け合いでしょうか。

 西尾維新のファンの人から、化物語は台詞まわしや掛け合いが凄い面白いと聞いていたので、勝手にハードルがあがってしまったのかもしれません。

 正直、滑ってる漫才を見てるようでした。

 とまあ、文句みたいのをつらつら並べましたが、全体的にはネガティブな感想ではないです。

 ヒットするだろうなあと普通に思いましたし。

 要するに面白さのツボがその友人と違っただけなのかな。
タグ:化物語
posted by agn at 10:24| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宙のまにまに感想

 期待してなかっただけに意外と良かったのが宙のまにまに です。

 ただの部活モノかと思ってたのですが、テンポが良くて面白い。

 ギャグとストーリーと薀蓄のバランスがいいように思いました。

 主人公朔ちゃんの声が高校生に聞こえないとかあるんですが、まあそういうのはアニメでは良くあることw

 気になるという程ではありませんでした。

 アニオタに受けるようなキャラ付けして登場人物増やしまくるとストーリーがとっ散らかったものになることが多いと思うのですが、今のところそういう心配もないと思います。

 絵柄が少女マンガっぽいと思ったのですが、作者も女性のようで
 
 でも原作連載してるのはアフタヌーンなんだ!!

 まあ色々と興味がつきない作品でした
posted by agn at 10:14| Comment(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

大正野球娘感想

 大正野球娘ですが、実はかなり時代考証をしているそうです。

 なんとなく厳密に時代考証しなくてもいいんじゃないのって気はします。

 でも、大正時代という設定のおかげで、ありがちな女子部活モノにならなかったという面もあると思うので。

 気楽に楽しめる作品ではありますが、ちょっと変な方に行くと、空気とキャラを楽しむだけになってしまうかもしれません。

 原作は一切読んでないので、ストーリー展開が楽しみですけど、山場とあるんでしょうかね。

 いきなり男子と対決して負けて特訓してリベンジみたいな流れなんでしょうけど。

 王道熱血ストーリーは嫌いじゃないので、来週も楽しみではあります。

 尺があまって温泉とか海水浴の話とかにならないといいなあw

 もちろんそういう需要があるのは理解していますが
 
 
タグ:大正野球娘
posted by agn at 00:00| Comment(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

うみねこのなく頃に 感想

 ひぐらしの二番煎じかと思いきや、まったく別の作品になってます。

 まあ、ホラー的猟奇的作品ということで共通点は多いんでしょうが。

 コミック版の方をちょっと読んだのですが、ストーリー的に難解というか、ひとりよがり的な印象を受けました。

 個人的にオカルトミステリーは混同させて欲しくなかったりします。

 アニメの方はそのあたりをうまく料理して欲しいですね。

 文句言ってるみたいですけど、面白かったですよ。

 ネット言語的に言うならば、実況しないで見たいアニメという感じでしょうか。
posted by agn at 00:00| Comment(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

狼と香辛料U感想

 今回もホロとロレンスの掛け合いを楽しむ作品でしょう。

 前作の雰囲気が好きだった人は今作も楽しめるはず。

 序盤から結構山場がありそうなので、ストーリー的にも面白そう。

 ぶっちゃけるとホロとロレンスさえいれば成立してしまう作品なので、他の登場人物がどう絡んでくるか期待したいです。

 個人的に音楽は前作の方が好きでしたが、今回の音楽も作品の世界観にあってて中々いいです。

 難癖つけるわけではありませんが、ホロの酔っ払いの演技には多少違和感を感じました
タグ:狼と香辛料
posted by agn at 00:00| Comment(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

涼宮ハルヒの憂鬱2期 第12話「エンドレスエイト」感想

 まあ予想していたこととはいえ、さすがに飽き飽き。

 ループ物で本当にここまでループさせたという点で、画期的なのかもしれませんがw
 
 ネットでも批判がでてるようだがそれも当然か。
 
 台詞まわしや衣装やバイトの内容など細部がかなり違うのだが、
だからなんだというのが正直なところ。

 全体的に低調だと思う。
 
 というより消失やるんでしょうか・・・

 商売っ気出しすぎなんじゃないの
posted by agn at 00:00| Comment(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

涼宮ハルヒの憂鬱2期 第12話「エンドレスエイト」感想

 まあ予想していたこととはいえ、さすがに飽き飽き。

 ループ物で本当にここまでループさせたという点で、画期的なのかもしれませんがw
 
 ネットでも批判がでてるようだがそれも当然か。
 
 台詞まわしや衣装やバイトの内容など細部がかなり違うのだが、
だからなんだというのが正直なところ。

 全体的に低調だと思う。
 
 というより消失やるんでしょうか・・・

 商売っ気出しすぎなんじゃないの
posted by agn at 00:00| Comment(0) | 感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。